本文へ移動

Happy English Day

H28年度 English Dayリポート

体温調節じょうずにできた! "put on/take off" 2/23

2017-02-27
寒暖さ厳しいこの頃、インフルエンザ第2波の懸念から、体調管理には気を使わずにいられませんね。
今回のEnglish Dayはお天気に恵まれ、体温も高く、元気に動きまわる子どもたちの中には、日中
じんわりと汗をかいちゃう子も少なくありませんでした。
お洋服脱いだり、着たり・・・体温調節にてんやわんや!?
 
【今回の表現】(衣類や靴などを)                                 
   A: Put on. (プットォフ:着て/履いてね)      
     B: Take off . (テイクォフ:脱いでね)         
 
【どんな風に伝えたのかな?】
  ○おままごと遊びに参加したそうなお友達も、靴を脱げば、カーペットの上でもう仲間入りだよ♪
      T: Take off your shose♪(靴を脱ぐまねしつつ)
    S:(靴をぬぐ)
 
 ○暖かい日だと体温の高い子どもたちはお絵かきしながら、靴下やら上履きやら脱いじゃいます。
      挙句の果てにはそのまま別の場所へ移動してしまうことも!ちょっと待って!靴を履いて!!
   T: Put on your shoes! (靴を指さし、かかとを指でちょんちょんと合図)
   S: あ・・・笑(と靴を履く)
 
【こんな時も使えたね!】
  ・お着替えを促す時の声かけに
  ・お外遊びの前後の玄関口での声かけに
  ・おままごとのエプロンやコスチュームの着脱時に
  ・帽子の着脱を促す時の声かけに
  ・衣類で温度調節をするときの声かけに
 
【ちょこっと豆知識】
 今回は衣類などの着脱に関する表現でしたが、ファッション用語ってカタカナ語が多く、便利な
 一面もありますよね。でも、パパのワイシャツ、そのまま使うと通じません~。
 ”shirt/dressed shirt(シャ~トゥ/ドレストゥ シャ~トゥ” などといいます。
 トレーナーも”sweat shirts(スウェットシャ~ッ)”,   パーカーは”hoodie(フ―ディ)” ,
 ジャージは”training suit(トレイニング スゥ~トゥ)”なんて言い方をします。 
 和製英語の多い日本語。カタカナ語、外来語に出会ったときは“通じるかな?”と一呼吸おいて
 調べてみると楽しいですよ♪
 
【今回のビッグニュース】
 ・English Dayに会う日本人の先生に対し、園児は英語で話しかけていました!
  場面を考えて、相手を見て言葉を選ぶ姿!傍で見ていた私も感動~。
 ・園児が1~30まで紙に書き、10まで数字を指さしながら英語で数えてくれました。
  その後何というのか?と数えるように促され、一緒に数えました。熱心な園児に脱帽です。
 ・毎回使う言葉”wash your hands”を耳にすると、「あ、まだだった(と言って手洗い場へ)」
  「(石鹸で洗ったから)いいにおいするよ!(→もう洗ったよ!)」と嬉しい反応がたくさん!
 
【次回予告】
日時:2017年3月2日(木)10:30~
テーマ: 一年の復習
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!
0
3
3
1
4
9
TOPへ戻る