本文へ移動

Happy English Day

H29年度 English Day

キズも絆にするキッズ!"Ouch!" "Are you OK?" 11/9

2017-11-09
すっかり寒くなりましたね。
ご報告が遅くなりましたが、先日のEnglish Day は木枯らし舞う中、みんな元気に走り回っていました。
 
ぶつかったりしたときの会話】                                                                                     
   A:Ouch! (アウチ:痛いっ!)                                                                                  
   B : Are you OK?(アーユー OK?: 大丈夫?)/I’m sorry.(アイム ソーリー:ごめんね)
   A : I’m OK, thank you.(アイム OK, サンキュー:大丈夫、ありがとう)/                   
       That’s OK.(ザッツ OK.:いいよ)                                                                        
 
【どんな風に伝えたのかな?】
 ◎朝、門で園児たちのお出迎え。”good morning!” そして、お決まりのハイタッチ!
      パチン!といい音がした瞬間に“Ouch!(痛いっ!)” といって手をフリフリ、痛い振り。
      子どもたちは嬉しそう(笑)
 
  ◎走って転んじゃった園児にかけよって、“Are you OK?(大丈夫?)”
   すると園児は、「大丈夫!」
 
  ◎三輪車に引かれた私。思わず”Ouch!” 轢いた感触があったのか、とっさに園児が“あ。ごめん!”
   “that’s OK.大丈夫だよ”
 
  ◎コーナー遊びでお医者さんごっこをしていると、注射を打ちまくるドクターが多数出現!
     あれは私の“Ouch!”という反応を完全に楽しんでいましたね。。。
 
【こんな時も使えるね!】
 お友達が転んでしまったときの声かけ
 何か/誰かにぶつかってしまったとき
 とげがささったり、紙で手を切ってしまったりしたとき
 足を踏んで/踏まれてしまったとき
 
【ちょこっと豆知識】
 痛みを表す言葉って、日本語でもいろいろありますよね。
   ずきずき/きりきり/ひりひり/じんじん痛む・・・など。
   Ouch!は 痛みを感じた瞬間に声をあげるときの言葉です。
   英語にも痛みを表す言葉はいくつかあるんです。
   慢性的な痛みは”ache(エイク)”、突き刺すような痛みや苦しませる強い痛みは”pain(ペイン)”,
   触るとひりひり痛むようなときは”sore(ソア)”という感じです。
   因みに「痛いの痛いの飛んでいけ~っ!」は"pain, pain, go away!(ペイン、ペイン、ゴウアウェイ!)"
   似てますね♪
 
【今回のビッグニュース】
〇 風が強くて砂が目に入りました。
    本当に痛くて、“Ouch!”って言ったら、そばで遊んでいた園児が、
    “せんせー、Are you OK?”って心配してくれたんです!”I’m OK, thank you♡”
〇 スポーツコーナーでの園児たちの英語カウント、ランチタイムの「これ、英語で何?」攻めは
    もはや定番になりつつあります!園児たちの実践力に脱帽です!
    
【次回予告】
   日時:2017年12月14日(木)10:30~
テーマ: A:I like fruits!(フルーツ好き!)
                  I don’t like fruits(フルーツは好きじゃない)
             B : What flavor do you like?(どんな味がすき?)
次回を楽しみにしています。 See you next time!!
0
3
3
1
4
9
TOPへ戻る