Happy English Day

H29年度 English Day

 

上手にできるようになったかな? ~"put on / take off"~ 2/22

2018-02-22
年度内最後のEnglish Dayは風もなく穏やかな天気で、子どもたちの笑顔を優しく包んでいるようでした。
ふじ組さんのお友達は、もうすぐ卒園。
成長を喜びつつも、もうこの場所で一緒に遊べなっちゃうのか・・・と思うと、
ちょっぴり寂しく、気が付けばその姿を見つめてしまう自分がいました。
今までいつも元気をくれてありがとう。これからも応援してるよ!
 
【今回の表現】(衣類や靴などを)
   A: Put on. (プットォフ:着て/履いてね)
   B: Take off . (テイクォフ:脱いでね)
 
【どんな風に伝えたのかな?】
 ○ 元気に登園してきた園児たち。
     お友達が出迎えてくれるとその場でかわいらしい井戸端会議が始まります♪
   T: (靴を脱ぐジェスチャーで)Take off your shoes.(くつを脱いでね)
   S:   あー、靴ね!(と言って脱ぐ!)
 ○ 風邪もなく穏やかな日でもまだ寒いけど、体温の高い子どもたちは上着も上履きも暑くて脱いじゃいます。
    次のコーナーに急ぎ、上履きだけポツンと残されることも!待って!!
  T: Put on your shoes! (靴を指さし、かかとを指でちょんちょんと合図)
  S: あー、忘れてたーーー笑(と靴を履く)
 
【こんな時も使えたね!】
   ・お着替えを促す時の声かけに
   ・お外遊びの前後の玄関口での声かけに
   ・おままごとのエプロンやコスチュームの着脱時に
   ・帽子の着脱を促す時の声かけに
   ・衣類で温度調節をするときの声かけに
 
【ちょこっと豆知識】
 卒園式には保護者の皆さんも正装し、子どもの晴れ舞台のために、気合を入れて
   ”put on make up (プットン  メイカップ:お化粧する)” ですね!
   卒園証書授与式では、担任の先生は思わず涙してしまうことも・・・。
   でも、笑顔で新たなる門出を祝ってあげたいから、グッとこらえて
   ”Put on smile. (プットン スマイル:作り笑いする)”ということもありますね。
   Put on は 「何かを装う」ニュアンスで覚えておくと、熟語の幅が広がりますよ♪
 
【今回のビッグニュース】
 ・もも組さんの園児が、スポーツコーナーの待ち時間に1~10まで自主的にカウントダウンしてくれました!
    もう立派にふじ組さんの準備ができてるようです。
 ・「ママね、英語でお話できるんだよ。お家で話す。」と教えてくれた園児がいました。
      「どんな英語を話すの?」と聞いたら、「"No!" とか "apple" とか "yummy"とか
        "Wash your hands"とかね~・・・ 」などと、English dayでも扱うお言葉が!
        英語がきかっけとなり、お母さまとのやり取りを楽しんでる様子も垣間見られ、嬉しくなりました♪
 
今年度も一年間ご協力いただき、ありがとうございました!
来年度も、園や足利のどこかで、またお会いできることを楽しみにしております。
See you again!!

久しぶり!やっと会えたね♪ "Long time no see! / Glad to see you again♪" ~ 1/11

2018-01-11
Happy new year!
年末年始はいかがお過ごしでしたか?本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
さて、年明け初のEnglish Dayは日本の伝統的な遊びが満載で、笑顔溢れる時間でした。
 
【久しぶりに会ったときの表現】
   A: Long time no see! (ロング タイム ノー スィ―!:久しぶり!)
   B :  Glad to see you again!(グラッ トゥ スィー ユ アゲイン!:また会えて嬉しいです!)
 
【どんな風に伝えたのかな?】
   ・夏休みや冬休みなどの長期休暇明けに
・久々に会ったお友達と偶然あったときに
・卒園した園児などと再会したときに
 
【ちょこっと豆知識】
 英語では「お久しぶり」っていう言葉は1つではありません。
   日本人の私がまず思い浮かぶのは”Long time no see” ですが、
   非常にカジュアルな表現なので、お友達など仲の良い間柄で使うものです。
   “It’s been a while.(イッツ ビーナ ワイル)” や ”It’s been a long time.(イッツ ビーナ ロング タイム)”
   などはお友達以外にも使える、同じ意味の表現ですよ。
   因みに ”How have you been? (ハウ ハヴ ユ ビーン?:元気だった?)”などと、
   相手の様子を気遣う言葉が続くのが普通です。 これは日本人と同じですね。
 
【今回のビッグニュース】
 〇お正月バージョンで日本の伝統的な外国籍のお友達も初めて作る&遊ぶ「駒」や「けん玉」などに
      苦戦していると、日本国籍の園児が手伝ってあげたり、逆も然り。
      これからの日本の縮図を見た気がしました♪
   ○ご飯を食べるとき、ふじ組の先生が お当番の園児たちに “Put your hands together"
      (プッチュア ハンズ トゥギャザー:手を合わせてください)”って英語で言ってみよう!と
      チャレンジの流れを作ってくれました!長くて言いにくく、みんな苦戦し、私が助け舟をだすことに。
      ゆっくり、一つずつみんなで力を合わせて合唱すると見事に上手に言えたのです!
      先生も私も園児たちもみんな笑顔。
      チャレンジする機会や努力、努力が実ったときの達成感。これ、大事ですよね♪
   
【次回予告】
   日時:2018年2月22日(木)10:30~
            A: Put on・・・. (プットォフ:~を着て/履いてね)
            B: Take off ・・・. (テイクォフ:~を脱いでね)
次回を楽しみにしています。 See you next time!!

「好き」も「嫌い」もまるごと友達♪ ~I like ice cream. / I don't ice cream.~12/14

2017-12-14
一段と寒さが厳しくなり、冬も本番を迎えましたね。
子供たちにとってはサンタさんがやってくる楽しみな時期!
サンタさんは子供たちの好みを知ってるのかな~
 
好みを聞いたり伝えたりするときの表現】
    A:I like ice cream!(アイ ライク アイスクリーム:アイスクリーム好き!)
         I don’t like ice cream.(アイ ドン ライク アイスクリーム:アイスクリームは好きじゃない)
    B : What flavor do you like?(フワット フレイバー ドゥ ユ ライク?:どんな味がすき?)
 
【どんな風に伝えたのかな?】
 ◎ 池に張った氷を取り、バケツに割入れて砕いている園児たち。かき氷屋さんごっこの準備です。
   T: What flavor do you like? 何味が好きなの?
   S: いちご!せんせーは?
   T: I like Lemon flavor! (アイ ライク レモン フレイバー!)レモン味が好き♪
 
   ◎ ブロックコーナーで作った「お化け」をもって、私を驚かせに来たプチモンスター君!
         T: No~!I don’t like a monster!! (ノー!アイ ドン ライカ モンスター!!:お化けイヤ~!)
 
【こんな時も使えるね!】
   ・おままごとで、出された食べ物や飲み物に対して反応を示すとき
   ・給食の時間におかずの好みを話題にするとき
   ・工作コーナーなどで子供の好きな色の紙などを選ばせるとき
   ・動物など、好きなご褒美シールを選ばせるとき
   ・好きなキャラクターを聞くとき
【ちょこっと豆知識】
 英語を学び始めた中学生の頃。
  「どんな日本料理が好きですか?」って聞いたつもりでした。
   “What’s Japanese food like? (フワッツ ジャパニーズ ライク?)”
   そうすると、日本料理についての説明が返ってきました(汗)
  「日本料理てどんなようなもの?」って聞いていたのです!
   正しくは“What Japanese food do you like?
   (フワット ジャパニーズ フ~ド ドゥ ユ ライク?)” 惜しいでしょ?
   実は“like”には様子を表す「~のような」という意味もあります。
   “do you”などの代わりにBe動詞と言われる
  「is/are」などを入れてしまうと意味が変わってしまうので、ご参考までに♪
 
【今回のビッグニュース】
〇 あちこちで、サンタさんに○○をお願いした~!と期待に胸を膨らませて報告してくれる園児たち。
  そんな中、なんと上手に英語でジングルベルを口ずさむ子を発見!
    耳から楽しく覚えるって大事ですね♪
〇 紫のダウンを着ていた私に、同じ紫の上着を着ていた子が、
    “センセー、Purple!○○ちゃんも purple!”
  共通点を伝えたい!という気持ちが、インプットからアウトプットに繋がった瞬間です!    
 
【次回予告】
  日時:2018年1月14日(木)10:30~
  テーマ: A:Long time no see!(ロング タイム ノー スィ! :お久しぶり!)
                    Glad to see you again♪(グラットゥ スィ ユ アゲイン!:また会えて嬉しいよ♪)
次回を楽しみにしています。 See you next time!!

キズも絆にするキッズ!"Ouch!" "Are you OK?" 11/9

2017-11-09
すっかり寒くなりましたね。
ご報告が遅くなりましたが、先日のEnglish Day は木枯らし舞う中、みんな元気に走り回っていました。
 
ぶつかったりしたときの会話】                                                                                     
   A:Ouch! (アウチ:痛いっ!)                                                                                  
   B : Are you OK?(アーユー OK?: 大丈夫?)/I’m sorry.(アイム ソーリー:ごめんね)
   A : I’m OK, thank you.(アイム OK, サンキュー:大丈夫、ありがとう)/                   
       That’s OK.(ザッツ OK.:いいよ)                                                                        
 
【どんな風に伝えたのかな?】
 ◎朝、門で園児たちのお出迎え。”good morning!” そして、お決まりのハイタッチ!
      パチン!といい音がした瞬間に“Ouch!(痛いっ!)” といって手をフリフリ、痛い振り。
      子どもたちは嬉しそう(笑)
 
  ◎走って転んじゃった園児にかけよって、“Are you OK?(大丈夫?)”
   すると園児は、「大丈夫!」
 
  ◎三輪車に引かれた私。思わず”Ouch!” 轢いた感触があったのか、とっさに園児が“あ。ごめん!”
   “that’s OK.大丈夫だよ”
 
  ◎コーナー遊びでお医者さんごっこをしていると、注射を打ちまくるドクターが多数出現!
     あれは私の“Ouch!”という反応を完全に楽しんでいましたね。。。
 
【こんな時も使えるね!】
 お友達が転んでしまったときの声かけ
 何か/誰かにぶつかってしまったとき
 とげがささったり、紙で手を切ってしまったりしたとき
 足を踏んで/踏まれてしまったとき
 
【ちょこっと豆知識】
 痛みを表す言葉って、日本語でもいろいろありますよね。
   ずきずき/きりきり/ひりひり/じんじん痛む・・・など。
   Ouch!は 痛みを感じた瞬間に声をあげるときの言葉です。
   英語にも痛みを表す言葉はいくつかあるんです。
   慢性的な痛みは”ache(エイク)”、突き刺すような痛みや苦しませる強い痛みは”pain(ペイン)”,
   触るとひりひり痛むようなときは”sore(ソア)”という感じです。
   因みに「痛いの痛いの飛んでいけ~っ!」は"pain, pain, go away!(ペイン、ペイン、ゴウアウェイ!)"
   似てますね♪
 
【今回のビッグニュース】
〇 風が強くて砂が目に入りました。
    本当に痛くて、“Ouch!”って言ったら、そばで遊んでいた園児が、
    “せんせー、Are you OK?”って心配してくれたんです!”I’m OK, thank you♡”
〇 スポーツコーナーでの園児たちの英語カウント、ランチタイムの「これ、英語で何?」攻めは
    もはや定番になりつつあります!園児たちの実践力に脱帽です!
    
【次回予告】
   日時:2017年12月14日(木)10:30~
テーマ: A:I like fruits!(フルーツ好き!)
                  I don’t like fruits(フルーツは好きじゃない)
             B : What flavor do you like?(どんな味がすき?)
次回を楽しみにしています。 See you next time!!

やっぱり一緒に遊ぶと楽しいね♪ 〝Let's play!" 10/12

2017-10-13
10月とは思えない暑さに季節を錯覚!子どもたちの笑顔はきらきらと真夏の太陽のよう。
でも、子どもたちと一緒に遊んでいたら、確かに秋をたくさん見つけられましたよ♪
 
遊びに誘うときの言い方】                                                                                
      A:Let’s play(a game)!(レッツ プレイ ~:~して遊ぼう/~をやろう!)
      B : OK.(いいよ)                                                                                       
 
【どんな風に伝えたのかな?】
 コーナー遊びの日は、次にどのコーナーへ行くか、お友達と話し合う姿が見られます。
   トランポリン?おままごと?工作、粘土にレゴブロックなどなど・・・楽しみがいっぱい!
 小さいながらもお友達と話し合って、最後はきちんとまとまるんですから、立派です。
      S:じゃ、今度はおままごとにしよ!
   T : (盗み聴きしていた私も) good idea! (グッダイディア!:いいね!)
         Let’s play house♪(レッツ プレイ ハウス:おままごとしよう♪)
             Let’s go! (レッツ ゴー:行こう!)
仲間に入りたい子にも、“Let’s play together!(レッツ プレイ テュギャザー! 一緒に遊ぼう)”
と声かけて皆で仲良く遊んでおりますよ(笑)
 
【こんな時も使えるね!】
  ・ 外遊びにさそうとき
   ・ みんなでスポーツをしたいとき
   ・ パラバルーンや太鼓など、楽しく練習の誘導をするとき
   ・ ごっこ遊びやトランプなどのゲームをするとき
 
【ちょこっと豆知識】

  「レッツ プレイ・・・」ってカタカナで書くと分かりにくいけど、実は 今回の“Let’s play“と

    似た表現に”Let’s pray”というのがあります。後者は「祈る」という意味です。

    ご飯を食べる前や黙とうなんかするときに使えますね!

「L」と「R」の一文字違いで全く意味が異なるけど、まとめて使えるようになっちゃいましょ♪

 

【今回のビッグニュース】

   〇 English Dayとわかると、朝バスから降りてくる園児たちは進んで”good morning!”って言って

      くれるようになりました!先生方と共に驚きつつ、子どもたちの柔軟性に心が躍りました。

 

   〇お砂場で川とダムを園児たちと作っていたとき、「水って英語で何て言うんだっけ?」

     「川は?」と英語表現の質問が出るわ出るわ!更に「水はウォーターだよ」と教え合う姿も!

      英語にアレルギーを感じないでほしい、遊びながら自然に…という思いで臨んだEnglish Day。

      英語に関心をもってくれたり、自然に身に付いてくれていたり・・・を少し感じた瞬間でした。

      最高に嬉しかったです!Thank you indeed!!

    

【次回予告】

   日時:2017年11月9日(木)10:30~

   テーマ: A:Ouch! (痛いっ!)

                B : Are you OK?(大丈夫?)/I’m sorry.(ごめんね)

                A : I’m OK, thank you.(大丈夫、ありがとう)/That’s OK.(いいよ)

 

次回を楽しみにしています。 See you next time!!

H28年度 English Dayリポート

 

一足先に感涙です!"Thank You"の力 3/2

2017-03-03
28年度最後の‟Happy English Day”は少し肌寒くも、小鳥のさえずりが聞こえる中、
園児たちを迎え、始まりました。子どもたちはもちろん、保護者のみなさんや先生方の
嬉しい変化を全身で感じた1日となりました!今回はどんな変化、喜びがあったのか、
じっくりご報告させてください♪感心しきりですよ、きっと♪
 
【今回の表現】(好みの伝達、挑戦の声かけ、衣類などの着脱、お片付け、物の貸し借り、など)   
  A:I like pumpkin. ( 私はカボチャが好き♪)   A:Let’s try! (やってみよう!)      
  B:I don’t like Jack-o’ -lantern.            B:OK! (いいよ!)                                
                                                                                                                                         
  A: Put on. (着て/履いてね)          A: Put away.(お片付けして/しまってね)  
      B: Take off.(脱いでね)             B : Take out. (取って/持っていってね)    
                                                                                                                                       
  A:May I borrow your pen? (ペン借りてもいい?)                                                        
  B : OK/sure/yes!  Here you are. (いいよ。はい、どうぞ)                                            
  A : Thank you.(ありがとう)                                                        
 
【どんな風に伝えたのかな?】
   ○園児を玄関まで連れていくと、子どもはおしゃべり開始。お話していたいけど…ごめんね。
    T: Take off your shoes, and put it away!(靴を脱いで、しまってね)
      S:ちゃんとやるよ~(と言って、下駄箱へ靴をいれました!)
○お絵かきコーナーは塗り絵の紙が豊富にそろって大盛況!子どもたちでも口コミかな。
   とにかく机を増やし、椅子を他から借りてくるほどの大人気でした。
   当然、ペンやらクレヨンやら足りません・・・貸しあいっこしようね!
  T: May I borrow your pen? (ペンを借りてもいいかな?)
  S: いいよ、OK(と言ってグーの手で親指を立てた!!)
  T: Thank you!
 
○給食ではレンコンやゴボウなどを揚げたパリパリしておいしいおかず(名前不明)が出ました!
 とってもおいしくて、思わず
  T: I like this!! Yummy, yummy!!(これ好き!おいしい!!)
  S: え~、○○ちゃん(本人)は ちら~い!(嫌い)
  T: Oh…You don’t like this…
 
 日本語と英語がちゃんぽんだけど、会話が成り立っているのところがおもしろいです。
 
【ちょこっと豆知識】
「ほめ言葉のシャワー」なんて言葉を耳にします。お絵かきコーナーでのこと。
塗り絵の紙を“Here you are”と言いながら渡すと、ある園児が”thank you”と上手に
きちんと言ってくれたのです。私は嬉しくて、めちゃめちゃ英語で褒めまくりました。
その気持ちが伝わるんですね!その園児は少しの間そこにいて、2,3人ほど後ろに並んでた
子たちが”thank you”というか確認し、言えない子には「Thank youって言うんだよ」と教えて
くれてたんです。そうやって、そこにいた子どもたち皆が英語でお礼を言ってくれました。
その子たちも褒められ、その場が喜びでぱっと明るい雰囲気となりました。
「ほめ言葉」が持つ力の強さを実感した瞬間です。来年度は「ほめ言葉」のバリエーションを増やし、
これからも英語でじゃんじゃん褒めまくりたいと思います!皆さんもぜひご一緒!(笑)
 
【今回のビッグニュース】
 ○朝、お孫さんをお連れになった方から英語でご挨拶いただきました。自らお手本を示し、
  そして、お孫さんに「もっと大きい声でgood morning!って言わなきゃ聞こえないよ」
  と声かけしてくださいました。世代関係なく挑戦してくださる姿に胸が熱くなりました。感謝!
 
 ○わからない単語があるとその都度「○○は英語でなんて言うの?」と確認してくださる先生方。
  気が付けば、英語教師の言っていることは、ほぼ理解できるようになったとか!
  English Dayが始まって2年半、先生方にも素敵な効果が現れているようです!
 
 ○朝、あるふじ組さんの園児に”What’s your dream?”と聞かれました。英語を習っているのかな。
  それを実際に使ってみよう!という気持ちが素晴らしいですね♪
  因みに私の夢は「多文化共生サロン」を足利につくること!って、子どもたちには複雑で
  そうとは言えませんでしたが・・・(笑)
 
 ○うんてい遊びをしていると、「先生できなぁ~い!」の声が聞こえてきました。
  すると、なんと!もも組さんのお姉さんが言いました。
  S:大丈夫だよ。Let’s try! ねー、先生?
  T:(超~感動!)yeah! Let’s try!! 先生が支えるから大丈夫だよ♪
 
今年度も一年間ご協力いただき、ありがとうございました!
来年度も、または足利のどこかで、またお会いできることを楽しみにしております。
See you again!!

体温調節じょうずにできた! "put on/take off" 2/23

2017-02-27
寒暖さ厳しいこの頃、インフルエンザ第2波の懸念から、体調管理には気を使わずにいられませんね。
今回のEnglish Dayはお天気に恵まれ、体温も高く、元気に動きまわる子どもたちの中には、日中
じんわりと汗をかいちゃう子も少なくありませんでした。
お洋服脱いだり、着たり・・・体温調節にてんやわんや!?
 
【今回の表現】(衣類や靴などを)                                 
   A: Put on. (プットォフ:着て/履いてね)      
     B: Take off . (テイクォフ:脱いでね)         
 
【どんな風に伝えたのかな?】
  ○おままごと遊びに参加したそうなお友達も、靴を脱げば、カーペットの上でもう仲間入りだよ♪
      T: Take off your shose♪(靴を脱ぐまねしつつ)
    S:(靴をぬぐ)
 
 ○暖かい日だと体温の高い子どもたちはお絵かきしながら、靴下やら上履きやら脱いじゃいます。
      挙句の果てにはそのまま別の場所へ移動してしまうことも!ちょっと待って!靴を履いて!!
   T: Put on your shoes! (靴を指さし、かかとを指でちょんちょんと合図)
   S: あ・・・笑(と靴を履く)
 
【こんな時も使えたね!】
  ・お着替えを促す時の声かけに
  ・お外遊びの前後の玄関口での声かけに
  ・おままごとのエプロンやコスチュームの着脱時に
  ・帽子の着脱を促す時の声かけに
  ・衣類で温度調節をするときの声かけに
 
【ちょこっと豆知識】
 今回は衣類などの着脱に関する表現でしたが、ファッション用語ってカタカナ語が多く、便利な
 一面もありますよね。でも、パパのワイシャツ、そのまま使うと通じません~。
 ”shirt/dressed shirt(シャ~トゥ/ドレストゥ シャ~トゥ” などといいます。
 トレーナーも”sweat shirts(スウェットシャ~ッ)”,   パーカーは”hoodie(フ―ディ)” ,
 ジャージは”training suit(トレイニング スゥ~トゥ)”なんて言い方をします。 
 和製英語の多い日本語。カタカナ語、外来語に出会ったときは“通じるかな?”と一呼吸おいて
 調べてみると楽しいですよ♪
 
【今回のビッグニュース】
 ・English Dayに会う日本人の先生に対し、園児は英語で話しかけていました!
  場面を考えて、相手を見て言葉を選ぶ姿!傍で見ていた私も感動~。
 ・園児が1~30まで紙に書き、10まで数字を指さしながら英語で数えてくれました。
  その後何というのか?と数えるように促され、一緒に数えました。熱心な園児に脱帽です。
 ・毎回使う言葉”wash your hands”を耳にすると、「あ、まだだった(と言って手洗い場へ)」
  「(石鹸で洗ったから)いいにおいするよ!(→もう洗ったよ!)」と嬉しい反応がたくさん!
 
【次回予告】
日時:2017年3月2日(木)10:30~
テーマ: 一年の復習
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

目指せ!お片付け名人 "Put away/ take out" 1/12

2017-01-18
胃腸風邪でブログ更新が遅くなり、申し訳ありません。
1月も半ば、早いですね!今年もよろしくお願いします。♪
年明け最初のEnglish Dayは日本の伝統的な遊びをしました!
 
【今回の表現】 片づけや、必要なものを取りだすよう伝えるときの言い方
    A: Put away. (お片付けして/しまってね)                         
            B : Take out.  (取って/持っていってね)                          
 
【どんな風に伝えたのかな?】
  お部屋で待ってるお友達のところに早く行きたくて、くつを脱ぎ捨て・・・
  ちょっと待って!脱ぎっぱなしはナシよ、下駄箱に靴を入れようね!
     T:(靴を指さし)Put away! (プッタウェイ)
 
  お帰りの会の前にロッカーからおかばん出して・・・あれ、お手提げを持っていき忘れてるよ!
   T:(お手提げを差し出し)○○くん/ちゃん、Take out!(テイカウト!)
 
【こんな時も使えたね!】
    ・遊びで使った道具を片付け/持っていき忘れたとき (put away/take out)
    ・給食を食べた後の食器を片づけるとき(put away)
    ・お着替えやおもちゃをしまうように促すとき(put away)
    ・お便りばさみを園児にかごから持っていってもらうとき (take out)
    ・工作の材料を園児に取っていってもらうとき (take out)
 
【ちょこっと豆知識】
     今回やった「たこあげ、けん玉、羽根つき、駒回し、福笑い、かるた」を英語で何というか…?
   実は日本の伝統として伝えるときは、そのままの言葉でいいんです!
     しいて英語で表現するなら、順に“Flying-kite / cup and ball / Japanese traditional badminton
     /Spinning top /Make-a-face game / Japanese traditional playing cards”などと言えますが、
     日本語の言葉も伝えたいですね。
 
【今回のビッグニュース】
  ・昔ながらのコマ回し、糸を巻きつけるのも一苦労。先生方も童心に返って挑戦していましたが、  
       子どもたちのほうが早く上手にできたり、子ども同士で教える姿も!
       子どもたちの潜在能力ってすごいですよね!
    ・福笑いの後、午後の外遊び。
       うんていに手が届かないある園児が助けを求めて「UP、UP!(アップ、アップ:上、上!)」
      「上下左右(UP/down/left/right)」を遊びながら覚える福笑いの効果は絶大です!
 
【次回予告】
日時:2017年2月23日(木)10:30~
テーマ:(衣類や靴などを)
        A: Put on. (着て/履いてね)
        B: Take off . ( 脱いでね)
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

大掃除道具もシェアしよ!"May I borrow that?" 12/15

2016-12-21
早いもので今年も残りわずか。
クリスマスや大掃除、新年を迎える準備と猫の手を借りたいくらいですね!
でもそんな時期って実はご家族や友だちとの思い出を満喫できる時期でもあるんですね。
今年最後のEnglish Day でも子供たちとの楽しい思い出がまた増えました♪
 
【今回の表現】 相手のものを借りるときの言い方                                                             
       A:May I borrow your pen? (メイアイ ブぉロぅ ユア ペン? : ペン借りてもいい?
       B : OK/sure/yes!(オゥケィ/シュァ/イェス!:いいよ!                                         
            Here you are. (ヒァ ユゥ ア:はい、どうぞ)                                                   
     A: Thank you.(サンキュ:ありがとう)                                                                 
 
【どんな風に伝えたのかな?】
    お砂場でみんな力を合わせて高~いお山を作りました。
      道具の数に限りがあるから、それぞれ貸しあいっこ♪
   A:May I borrow your scoop?(スコップ借りてもいい?)
   B:OK!(いいよ!)
    皆で協力して作り上げたお山は子どもたちの腰くらいまでになり、とっても誇らしげに
      そびえ立ってました!!
 
【こんな時も使えたね!】
       お絵かきコーナーのペンやクレヨンの色が出ない/足りなくて、お友達に借りたいとき。
       絵本コーナーで貸し出し可能かどうか確認したいとき
       お隣のクラスから備品を借りたいとき
       お金を借りたいとき(笑)
 
【ちょこっと豆知識】
 「借りる」という言葉、「borrow」のほかに「use(ゆーず)」「rent(レント)」や
 「hire(はいァ~)」などもあります!大きな違いは無料かどうか!
 「borrow」は無料で借りていく感じ、「use」はその場から持っていけないものを使わせてもらう
  感じ、そしてお金を払って不動産なんかを借りるときは「rent」、タクシーやガイドさんなどお金
    を払って一時的に借りるときは「hire」と使い分けています。間違って使ったらお金を払わなくて
    はいけないかも?!(笑)
 
【今回のビッグニュース】
   ・冷え性の私。寒いよ~と思いながら、体をさすって温めていたら、「えりこせんせー、cold?」
  と可愛い声が!自然に英語で気遣ってくれる様子が嬉しかったのと同時にビックリでした♪
 ・「May I borrow this(これ借りてもいい)?」と園児に聞いたら、「まぼろし?」との反応が!
    頭の中に「IKKO」が思い浮かびましたが、そう聞こえたのか~と新しい発見でした!
 
【次回予告】
日時:2017年1月12日(木)10:30~
テーマ:  A: Put away.(お片付けして/しまってね)
B: Take out.  (取って/持っていってね)
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

絶対できるようになるよ!一緒にやろう♪ "Let's try!" 11/10

2016-11-14
2学期も半ば過ぎ、入園面接の時期ですね。
みんなも、ちょっぴりお兄さん、お姉さんの顔になってきて、できることも、好奇心をそそられることも増えている様子。経験豊かな子供時代を過ごしてほしいから、興味あることは何でもやってみよう!
 
【今回の表現】 試しにやろうと誘うときの言い方                    
      A:Let’s try! (レッツ トライ : やってみよう!).          
      B:OK! ( オウケイ :いいよ! ).                            
 
【どんな風に伝えたのかな?】
  粘土に動物型の線をつけ、ヘラ先で形をくり抜いてみました。
      きれいにくり抜けたのを見た子供は「先生すごぉ~い!!」
    みんなにもできるよ♪と、ヘラを渡して・・・
   A:Let’s try !(やってみよう!)
   B:OK!(いいよ!)
   「できた!」「切れちゃった・・・」結果は様々だったけど、その気持ちが立派だよ!!
 
【こんな時も使えたね!】
    ・   逆上がりやウンテイが苦手な子を一緒に練習に誘うとき
       まだ一人でうまくできないお着替えを先生がお手伝いしながら、促すとき
       食わず嫌いへの挑戦を励ますとき
       一緒に初めての体験を導いてあげるとき
 
【ちょこっと豆知識】
  挑戦というと「challenge(チャレンジ)」という英語も思い浮かぶかもしれませんね。
  例えば、誰かに勝負を挑んで相手を打ち負かそうとするようなときは「challenge」を、
  努力して何かを達成しようとするときは「try」を使います!
 「こ○もチャレンジ」はいかに…(笑)
 
【今回のビッグニュース】
    のりや粘土で汚れた手。「Washed your hand?(手を洗った?)」と言うと
  「まだ~」「あらった~」と反応が返ってくる、もも組さん、ふじ組さん。
  インプット完了!おうちでも試しに話しかけてみてください。Let’s try!
    わたくし事ではありますが、先日肋骨にひびが入りました(笑)
   それを先生と話しているのを聞いていたある園児。
       ずっと私を見つめ、何か言いたそうだな~と思っていたら、「ていケアー」との言葉が!!
      「take care(お大事に/気をつけて)」って労わってくれたんですね・・・(涙)
       優しい心が育まれている東光寺の子どもたち。大好きです!Thank you!!
 
【次回予告】
日時:2016年12月15日(木)10:30~
テーマ:A:May I borrow?(借りてもいい?)
            B : OK/sure/yes!(いいよ)
                  Here you are. (はい、どうぞ)
    A : Thank you.(ありがとう)
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

27年度 English Dayリポート

 

もう一人でお着替えできるよ!"Put on / take off" 3/10

2016-03-15
今年度もいよいよ最後のEnglish Day!
2年目を迎えたこの時期、「英語を言ってみる」ことを楽しめるようになった子供たちの成長と
それを支えてくださってる保護者の皆さまや先生方の存在の大きさを実感してます。
 
  【今回の表現】 衣類や靴などの着脱を伝えるときの言い方  
    A: Put on. (着て/履いてね) プットン             
     B: Take off.  (脱いでね)   テイコフ            
 
 ○おままごとのお着替えではエプロンつけたり、看護士さんになったりお着替えします。
S: せんせー、エプロンして~!(うしろのリボンをして~の意味)
T:Put on? (プットン?)着るの?
S:(うなづいて)着るの~
 
○スポーツコーナーで大人気のトランポリン!
小さなお子さんもチャレンジ!あ、でも上履履いたまま飛んじゃダメよ~
  T: take your shoes off! (テイキュア シューズ オフ)靴を脱いでね!
S: (ママさんや子供たちから小さい子に)あ、くつ脱ぐんだよ~
 
   外遊びから帰ってきた子供たち。靴下はどろんこだったり、びしょぬれだったり…まぁ、大変!T:take your socks off. Take off♪(テイキュア ソックス オフ、テイコフ)靴下脱いで!
      S:ぬぐってこと?
      T:yes!  “Take off!”  Bye-bye socks! (そう!「テイコフ」、靴下バイバ~イ!)
 
   お帰りの時間。さぁ、お着替えして帰ろうね!
  T:Put your uniform on! Put on!
    (プッチュア ユニフォーム オン!プットン!)  園服を着て~!
 
【 ちょこっと豆知識 】
  中学生の頃、「着る」は“wear”だと勉強しませんでしたか?”Put on”はいつ学んだのか・・・。「コートを着たほうがいいよ」と「コート着ている人が先生です」という表現。
      前者は“put on”で動作、後者は“wear”で着ている状態に使うんですね!
 
【今回のBIGニュース】
      ふじ組さんのお友だちがいつになくハイテンション!
      たくさん英語でマネっこや挑戦をしてくれました!
     「WOW! Great!」 「先生、見ちゃNo !」「Let’s count! 1,2,3…」「Are you OK?」など、
      感動や褒め言葉、注意、勧誘、相手への気遣いなど、英語でもコミュニケーション力はバッチリ!もうすぐ卒園ですものね。ちょっぴり寂しいけど、きっと立派な小学生になってくれる!
  と期待しています。Congratulations!
 
今年度も一年間ご協力いただき、ありがとうございました!
来年度も幼稚園または足利のどこかでお会いできることを楽しみにしております。 
See you again!!

お片付け名人になぁ~れ! "Take out""Put away" 2/18

2016-02-20
3月は引っ越しの季節。それに向けて2月は「片づけ」に励む人が多い時期だそうです!
子供たちにもお片付け上手、お手伝い上手になってもらいたいですね♪
 
【今回の表現】 片づけや、必要なものを取りだすよう伝えるときの言い方 
   A: Put away. (お片付けして/しまってね)                             
         B: Take out.  (取って/持っていってね)                                
 
   工作コーナーでは糸電話を作りましたよ。可愛い声で“Hello (もしもし)?”
     紙コップにシールや折り紙を貼ったり、色を塗ったりして、世界に一つの電話が出来上がり♪
T:(箱の中のシールを指し)Take out four stickers.(テイク アウト フォ~ スティッカーズ) 
S: ???
T:(一枚ずつ箱から取り出しながら)Take out・・・one, two, three, four stickers!
       Here you are.
S: しゃんきゅ~ (Thank you)
 
   コーナー遊びも終わりの時間。遊んだら、使ったものは元の場所に戻さなくちゃね!
     T:It’s clean up time! (イッツ クリーナップ タイム!)   お片付けの時間だよ~!
   Put your things away. (プッチュア スィングザウェイ)  使ったものをしまってね。
S:OK!
 
   お帰りの時間だよ~。ロッカーからカバンを出して、着替えをカバンにしまって…
  やることはいっぱいだね!
 ①(遊びに夢中の子供たちに)
  T:Take your bag out. (テイクユア バッグ アウト)   おかばんを取ってきて~ 
 ②(お着替えを出しっぱなしの子に)
  T:Put your clothes away.(プッチュア クローズ アウェイ) お着替えをしまってね。
 
【ちょこっと豆知識】
 若かりし頃、私がアルバイトをしていたファストフード店では持ち帰りを「テイクアウト」、
 店内飲食を「イートイン」と言っていました。しかし、海外に住んでみるとビックリ!
 相手は怪訝顔…。「こちらでお召し上がりですか?それとも、お持ち帰りですか?」の表現。
 アメリカ英語圏では「For here or to go?」、イギリス英語圏では「Eat here or take away?」
 などと言う地域が多いのです!通じないわけではないみたいですけどね♪
 
【今回のBIGニュース】
  お外遊びの時間に子供たちが「縄跳びしよう!」って誘ってくれました。
  すると、子供たちから 「レッツ カウント!ワン・トゥ~・スリ~・・・」 
  そして一緒に鉄棒が得意な子を見ていれば、「グレイト!」「グッジョブ!」
  と褒め言葉が出て来るではありませんか!!
  きっと、先生方もそうやって、たくさん子供たちを褒めて、伸ばしてくださってるのですね♪
 
【次回予告】
日時:2016年3月10日(木)10:30~
テーマ(衣類や靴などを)
   A: Put on. (着て/履いてね)
       B: Take off . (脱いでね)
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

お膝の上で親子の物語を作ろう! "Read me a story" 1/28

2016-01-30
今年に入って、はや1か月。皆様は年頭にどんな抱負を立てられたのでしょうか。
私は子供たちに負けず、自分も成長できるよう励みたいと思います!
と、いうことで手始めに、たくさん本を読もう!読んであげよう!
知性や感性の発達だけでなく、心の栄養、親子の絆にもなって、いいコトづくめですね♪
 
  【今回の表現】 本を読んでもらいたいときにお願いしたり、答えたりするときの言い方 
        A:Read me a story, please!  (本、読んで~!)                               
                     B: Sure! / Just a minute.     (いいよ/ちょっと まってね)    
 
   絵本コーナーで、インプットしよ♪
    T:○○ちゃん/くん、 これ、よんで♪ 
    Read me a story, please! (りードゥ ミー スト~リー プリーズ!) 
    S:えー。せんせい、よんで~!
    T:Sure! いいよ!      (シュァ)
 
   他の子供たちが次々に、これ読んで~、と集まって来ちゃった!順番にね♪
   S1:せんせー、(本を持ってきて)よんで~   (Read me a story, please!)
   S2:こっち よんで~ 
T : Just a minute... ちょっと待ってね。      (ジャスた ミニットゥ)  
 
   工作コーナーではトイレットペーパーの芯や紙コップを使ってけん玉を作りました♪ 
   楽しそうに作り、作り終わってからは、けん玉遊びを楽しむ子供たちでテーブルがいっぱいに!
  S1:せんせー、どうやってつくるの~?
  S2:このあと、どうしゅるの~?
     T :(一度に対応できず、ごめんね)Just a minute…
 
 
【ちょこっと豆知識】
 「ちょっと待って」なのに、「wait」 がない!「wait a minute」って言っても通じますよ。
   けど...「ちょっと待って!」というような、少し強めのイメージがあるので、相手によっては
  少し不快感があるかもしれません。それなので、「待ってくれる?」というような少し柔らかい
  印象の表現「just a minute」のほうが、安心かもしれませんね。
 
 
【今回のBIGニュース】
  ○図書室のリニューアルに伴い、今回から”library corner(絵本コーナー)”ができました!
   担当の日には、子供たちに英語の本でも読んであげたいな♪
 
   ○今回の表現、これから幼稚園の「読み聞かせ」の時間に使おうか!とチャレンジ中です。
    お家でお子さんが “Read me a story, please!”って言ったら、ぜひ英語で“Sure!”と答えて
        まったりタイムを楽しんでくださいね♪
 
【次回予告】
日時:2016年2月18日(木)10:30~
テーマ: A: Take out! (取って/持っていって)
        B: Put away. ( お片付けして)
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

一年のご褒美!メリークリスマス! " ~, please" 12/10

2015-12-15
気が付けば12月!子どもにとっては嬉しい「クリスマス♪」大人にとっては「クルシミマス」?!
今年ももうすぐ終わりですね。
さて、今回は1年の締めくくりで習った表現の復習をさせていただきました。
覚えてるかな~?予告と違ってスミマセン!
 
【今回の表現】 5月から習った表現の復習                                                               
       A:Rock, scissors, paper, 1,2,3!      A: Let’s play…         A: Let’s try!              
    B: I win! / I lose…                          B: OK!                     B: OK.                      
    A: May I borrow your …?               A: I like…                A: What’s this?        
    B: Yes, here you are.                      B: I don’t like…  B: It’s a …          など 
 
   粘土コーナーにたくさんの子供たちが集まり、押し型付粘土板はあっという間に在庫切れ。
でも使いたいよね~! 仲良く一緒に使ってました。
A:May I borrow your clay board?                 粘土板を借りてもいい?
B: Yes, here you are.            いいよ、はい どうぞ。
A: Thank you.                ありがとう♪
 
   大縄跳びで記録に挑戦!みんなで一緒にLet’ try!
T:(縄を回しながら数えるよ) One, two, three…    1,2,3…
S: (皆で応援しながら数えるよ) One, two, three…   1, 2, 3…
 
   元気に遊んで腹ペコの園児たち。給食の時間はみんなニコニコだね♪
手作り弁当には何が入ってるのかな~?あ!キャラ弁だ!!
 A:What’s this ?          これなぁに?
B : (It’s) Santa Claus!         サンタクロース!
A : I like Santa Claus!     サンタさん、好き~♪
 
【ちょこっと豆知識】
  もうすぐクリスマス!子どもたちはサンタさんの到来を待ちわびている頃ですね。
      サンタさんは今どこにいるのかな~?なんて親子で一緒に考えるのも楽しいですね♪
    北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)によるサンタクロース追跡サイトをご存知ですか?
     よかったら、日本に向けてサンタさんが出発する日をお子さんと一緒に確かめてみてください。
     それでは、Merry Christmas and A Happy New Year!

 

【今回のBIGニュース】                                                                                                  
  
     ○今日また新しく英語の先生が来てくださいました!小学校の児童英語指導資格もお持ちの   
   飯野裕美(いいのひろみ)先生です。もう子供たちとも仲良し♪                                   
   こうしたらよくなるのでは?と一所懸命考えてくれる素敵な先生です。                          
   見かけたら、ぜひお声かけくださいね!                                                                    
      ○今日、また積極的に英語で私たちに声をかけてくださったママさんがいらっしゃいました!
   感動です!!お帰りの時間には、門から離れたところにいた私のところまでわざわざ         
   “Good bye! See you!”を言いに来てくれた園児がいました。                                        
   こうした触れ合いが私たちに大きな力をくれます。                                                     
 
  今年も皆様にたくさんのご協力と笑顔をいただき、やってこられました。
  心から感謝しております。来年もどうぞお力添えくださいますよう、よろしくお願い致します。
 
【次回予告】
日時:2015年12月10日(木)10:30~
テーマ: A: Read a book, please! (本読んで!)
           B: sure! / later.     (もちろん! / 後でね )
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

お願いがあるんだけど… "May I borrow...?" 11/19

2015-11-19
図書室のリニューアル準備で、今日は本がホールに集められていました。そのため、今日は体操コーナーがお休みでした。エネルギーがあまっている子供たち。いろんな場所で怒ったり、泣いたり、笑ったり・・・かわいいドラマが溢れていました♪
 
【今回の表現】 人のものを借りる                                                            
       A:May I borrow your pen? ( : ペン借りてもいい?)                       
       B:Yes, here you are.(イェス、ヒア ユア. : うん、はい どうぞ。).  
      A:Thank you. (サンキュ~:ありがとう。)                                      
 
   工作コーナーでは秋らしい「どんぐりのクジ引き」作りが大盛況!大きいどんぐりが出れば当たり!小さいのは…くじ引きのデザインを決める「お絵かき」では、クレヨンの取り合いが!
(慌ててお隣の教室へ行き)
A:May I borrow your crayon?    クレヨン借りてもいいですか?
B: Yes, here you are.          いいですよ、 はい どうぞ。
A: Thank you.               ありがとうございます。
 
   お絵かきコーナーでも、みんな使いたい色は似てるよね~
A:May I borrow your red crayon?    赤いクレヨン借りてもいい?
B: Yes, here you are.             うん、 はい どうじょ。
A: Thank you.                  ありがとう♪
 
   おままごとコーナーでは、おいしい食事を作ってくれたけど、フォークないよ?
 A:May I borrow a fork ?       フォーク借りてもいい?
B : Yes, here you are.         いいよ、 はい どうぞ。
A : Thank you.              ありがとう。
 
【ちょこっと豆知識】
  気が付けば、気軽に「これ、ちょっと借りてもいい?」って言ってるような気がします。
      ペンを借りるのと、お手洗いを借りる感覚って同じですか?違うな~と感じた人は英語
      感覚が鋭いかもしれません!英語では持っていけるものは「May I borrow・・・?」、
      トイレや電話など、その場で使うものは「May I use…?」 などと使い分けているんですよ。

 

【今回のBIGニュース】

 今日は図書館のリニューアルの関係で色々な方がいらっしゃってたのですが、私と園児の英語でのや  

 り取りを見て、「あんな小さな子が理解してるんですね~」と感心していました!

  T: one more time! → S:いいよ、もう一回やってあげる!(鉄棒)
  T: wash your hand! → S:もう洗ったよ~(得意げ♪) 

  T: I have a stomachache → お腹痛いの?お薬あるよ。Here you are!

 
【次回予告】
日時:2015年12月10日(木)10:30~
テーマ: A: Read a book, please! (本読んで!)
        B: sure! / later.      (もちろん! / 後でね )
 
次回も楽しみにしています。 See you next time!!

26年度 正田先生から“Report!”

 

お助けマン登場!“May I help you?” 3月12日

 

“こんど、ふじ組~!”、“もうすぐ一年生になるんだよ~” 誇らしげに進級、進学を心待ちにしている子どもたち。

そっか…今日でふじ組さんとはお別れなんだなぁ…

としみじみするのも束の間、“Good morning!”といつも以上に元気でかわいいごあいさつの声が♡ 

(立派になったね!負けてられないぞ!)と、身を引き締めて、さぁ、今年度最後のEnglish day、始まりです!


【今回の表現】 お手伝いするときの言い方

   AMay I help you? (お手伝いしましょうか?).

BYes, please. (はい、お願いします) / No, thank you.(いえ、大丈夫ですよ)

 

◇よいしょっ、よいしょっ…重たい遊具やお道具を運ぶ園児たち。それを目にした英語の先生。

先生:May I help you?(手伝いましょうか?)

園児:???(きょっと~ん・・・)なぁ~に?

先生:お手伝いしよっか? May I help you? 


◇コーナー遊びのテーブル出しをお手伝いしてくれる子どもたち。やっぱり重そうだね。。。

 園児:誰か(片方を)持って~!

先生:(待ってました!チャンス到来♪)May I help you? 

園児:(かわいい声で)しゃんきゅ~


◇コーナー遊びで園児たちの叫び。赤ペンがなーい! シールどこ~? 紙がな~い!

先生:(はい、は~ぃ、待ってましたよ♪)May I help you?

園児:(小さな声で)yes, yes..

 

初めて聞く言葉のシャワーを浴びてるところだから、みんなの反応は当然です。でも拒絶しないのがスゴイとこ!

春休み中、よかったらお家でお子さんと英語でのやりとりを試してみてください♪そうしているうちに、“May I help you, mom/dad?(ママ/パパ、お手伝いするよ)って言ってお手伝いしてくれたら大興奮!ぎゅ~&チューものですね(笑) きっとほんわか、あったかぁ~い気持ちになりますよ♪

 

今回のBig ニュース

 今回から新しい英語の先生が来てくれました!名前はパトリシア・フェリペ先生。フィリピン出身で幼稚園の先生を目指している、子ども大好きな優しい先生です。パト先生と呼んであげてくださいね。実はパト先生、在日14年で日本語はペラペラ~です♪ 安心してお声かけください! 

②英語の自慢し合いっこ?! 

 最近子どもたちが一所懸命に知っている英単語を披露してくれようとします。今回も「バナ~ナ、メロン、オゥレンジ、アッポー、グレイプ、ピーチ、ピア(Pier)…!」ん?…ピア(埠頭)?・・・あっ!Pear(ペア:梨)ね♪

そんな間違えもとっても可愛らしくほほえましい光景で、私の心には一足先にぽかぽかな春がやって来ています。

③今朝は人間っていいなって思いました。ブログを見てくださったのか、45人ものお母様が“Have a fun!”とお子さんや門前にいた私たちに声をかけてくださったんです!きっと勇気のいることだったと思います。でも、その一言に私たちがどんなに励まされ、感謝を抱くことか。国籍関係なく挨拶してもらえる、そこにいることを認め、受け入れてもらえるのって嬉しいものですね。改めて、7カ月間ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

 

最後に、ふじ組のお兄さん、お姉さん。小学校での英語あそびも楽しんでくれるといいな♪

とっても楽しいひと時をありがとう!いつまでもみんなの応援団です。Boys, be abitious!!

思いっきり遊んで "Wash your hands!!" …2月12日(木)

 今日のコーナー遊びは小学校見学のため、ふじ組さんはお出かけ中でした。
やはり、頼りになるお兄さん、お姉さんがいないのは、ちょっぴり寂しいですね。
 
【今回の表現】 手洗いを促すときの言い方
 
A:Wash your hands! (手を洗ってね!).
B:OK, mom/dad. (はい、ママ/パパ).
     Yes, mom/dad.
 
 今日の工作コーナーでは雪だるまの飾り、塗り絵コーナーでは自由にお花やおかずの具を書いて
色塗りしていました。みんな夢中になって頑張るから、小さな手は「のり」や「ペン/くれよん」
でべったり・・・汚れちゃいます。
そんなときは!
 
  先生:Wash your hands!
    児童:OK / Yes / は~い /(無言・・・)
 
と、反応は様々ですが、行動はみんな一緒。ちゃ~んと手を洗って次のコーナーへ向かいます!
みんな何を言われてるかは分かってるんですね~
言葉、ジェスチャー、場面、雰囲気…どうやって理解しているのかは人それぞれですけど。。。
 
今日おままごとコーナーを担当していたダナ先生から素敵なやり取りのご紹介です。
 
  ダナT:"I’m hungry!(お腹空いた).”  “I’m thirsty! (喉が渇いた).”
   児童A: "Peach!” (と言って桃を出す)
   児童B:"Apple, coffee, Here you are!” 
      (「リンゴ、コーヒー、はい どうぞ」といって差し出す)
 
積極的にダナ先生に話しかける子供たち。 「先生と遊びたい!」
  英語をその手段として見事に使っている子供たち。そう、言葉は目的ではなく、手段なんですよね~
 
【今回のBIGニュース】
    2人で一輪車遊びをしていた子どもがいました。
     そのうちの一人が転んでしまったとき、もう一人の子が言ったのです。
“Are you OK?!(大丈夫?!)” 
そして、また暫くすると、“let me try? (私にもやらせて?)”と。
思いやる言葉、お願いする言葉、人間関係を築くための大切な言葉も自然と覚えているのですね。
子どもの吸収力には脱帽です。
 
    帰り際のワンシーン。
エリコ先生、”I’ll be back!!(また戻ってくるよ)” といって去って行った男の子。
映画、ターミネーターの有名なセリフです。見送る私、幼稚園を去っていく男の子。
微妙に場面設定は合ってます(笑)そこで思わず言ってしまいました。
“OK, I’m waiting for you here.(分かったわ。ここで待ってるわ)
 
【次回予告】
日時:2015年3月12日(木)10:30~
テーマ:A:May I help you?(手伝いましょうか?)
       B: Yes, please. (はい、お願いします) / No, thank you.(いえ、大丈夫ですよ)
 
次回は今年度、最後になります。楽しみにしています。 See you next time!!

喜びにあふれた〝Happy English Day″でした!…1月29日

 年明け初の〝Happy English Day”は お知らせしたいこと、い~っぱいの一日でしたよ!

 

 

【今回の表現】 物を渡すとき、受け取るときのいい方    

 

AHere you are (はい、どうぞ).

BThank you(ありがとうございます)

 

それぞれのコーナー遊びで、使う道具を渡すときや教室で園児から何かを集めるとき、

遊びながら、

「かぁしぃて~」、

「い~い~よぉ」

の延長上で…など、行動とともに、このフレーズを導入していきます。 

 

こんな風に日常の園生活において、いつも日本語でやりとりしている表現を、最初は日本語と英語、両方の言葉を聞いてもらいます。子供たち 少しずつ 『英語の表現』 を耳にし、先生たちが英語で やりとりしているところを 何度も目にしたりしながら、少しずつ慣れ親しんでいきます。 

 

そうして言葉と意味が繋がると、自分から英語で話してくれたりするんです!

もちろん、そんな瞬間は、めちゃめちゃ褒めまくりますよ~(笑)すっごく嬉しいですもの♪

 

今回も塗り絵コーナ-では”yellow” と言いながら、黄色で塗ったり、えりこ先生、No Black! (黒がない)blue, blue(青、青)と言って、青のペンが2本あり、黒がないことを 教えてくれた子もいました。 子どもってすごいですよね!

これ、英語を覚えること、使うことを子供たちに無理強いしていませんからね~♪ 念のため(笑)

 

けど…外国語を耳にしながら一日過ごすのは、やはり少し疲れると思います。。。

どの子もみんな、「お耳をダンボ」にして頑張っていました。 

ですから、おうちで、大好きなママやパパのおひざの上で、たぁ~ぷり褒めてあげてくださいね!

 

 

 【今回のBIGニュース】

  登園時、門の前で” Good morning!(おはようございます) “ と言っても、誰も泣きませんでした!

  あるママさんが”Have fun! (楽しんできてね)でしたっけ?って、ちょっぴり照れくさそうに、英語のフレーズを使って、私たちに話しかけてくださいました。英語の先生たち、大喜びです!Thank you!!

 

 “Good morning!” “See you!(またね)と言ってくれる子どもたちや親御さんが増えて来てくれました!

 

朝、それを門のそばで、しばらく見ていた園児がいました。

10時ちょっと前、何が起こったと思いますか?


“Good morning!”と言ってくれたのです!

『英語への壁』が少し崩れた瞬間でした。(感動!)

そんな子供たち、保護者のみなさん、先生方に心から “Thank you so much!!”

 

【次回予告】

日時:2015212日(木)10:30~

テーマ:AWash your hand. (手を洗ってね!)

       B: OK, mom / dad. または Yes, mom / dad. 

        (わかったよ、ママ/パパ , はい、ママ/パパ)

 

次回も楽しみにしています。 See you next time!!

正田先生から Report

はじめまして。

〝Happy English Day” で東光寺幼稚園に出没!している正田です。 

ご縁あって、昨年9月より、娘がお世話になった東光寺幼稚園のかわいい子どもたちに『英語でのコミュニケーション』を体験してもらおうと、
お手伝いさせていただいてます。

門前で、ある日突然、見知らぬ私に〝Good morning! (おはようございます)″と声をかけられ、(この人ダレ?!)と

疑問に思っていた方もいらしたはず・・・(スミマセンでした)

実は皆さんと同じ、愛する子を持つ親であり、子どもの笑顔と異文化、わくわくすることが大好きな、ちょっぴり…おっちょこちょいの一児の母です。


そんな私にとって大好きな子供たちと英語で一日過ごせるのは、この上なく幸せなことなのですが、
大切なわが子を預ける側の親としては、きっと

「うちの子は大丈夫だろうか…」
「どんな風に過ごしてるのかな…」
「もし子供が嫌がったら、先生はどうしてるんだろう…」
と心配事は尽きませんね。 

私も母ですから、よぉ~く分かります!


そんなお気持ちが少しでも軽くなり、またその日の体験が親子のコミュニケーションのきっかけになってくれるよう、
このブログを通して〝Happy English Day”での様子や役立つ情報などをお伝えしていきたいと思います。

月に一度程度、これからも東光寺幼稚園に出没いたしますので、「気になること」や「お気づきになったこと」などがあれば、
いつでも気軽にお声かけくださいね。

次回の”Happy English Day"は1月29日(木)です。

楽しみにしています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


 正田江利子